モーニングアフターピル

モーニングアフターピルは緊急避妊ピルとして女性が知っておくべきもの。避妊効果や副作用について把握しておく必要があります。また、モーニングアフターピルの処方や値段などについてもご紹介します。女性のマナーとしてモーニングアフターピルを学びましょう。

スポンサードリンク

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)、効果と副作用

モーニングアフターピルって知ってますか?緊急避妊のためのピルで望まない妊娠を避ける方法のひとつです。一般のピルとの違いは、事後ピルだということ。つまり、排卵日前後の危険日に避妊せずに性行為を行ったり、避妊に失敗したり、「危険だな」と感じた性行為の後、服用することで緊急に避妊をするのです。モーニングアフターピルはいざというときのもの。妊娠を望まない場合は、きちんと避妊するようにケアすることは絶対条件ですが、もしもの時のためにモーニングアフターピルの知識は役立ちます。モーニングアフターピルはいつ服用したかにより効果が変わってきます。つまり、「妊娠の危険を伴う性交渉後、24時間以内の服用で 95%、72時間以内の服用で75%の避妊効果があると言われている。※wikiより」ので、いかに迅速に行動するかがその効果を左右する、ということです。もちろん、効果があると同時に副作用もあります。

スポンサードリンク

モーニングアフターピルの副作用って?

緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)は服用が早ければ早いほど効果的で、妊娠を回避する可能性が高まります。しかし、ここで忘れていけないのはモーニングアフターピルの副作用です。緊急避妊ピルの場合、中用量ピルを大量に服用する必要があるため、効果もありますが副作用もあり。多くの女性が副作用として経験するのが、「吐き気」です。その他の副作用の症状として代表的なものは下記のとおりです。


●頭痛、めまい、腹痛

●出血(消退出血、ピル服用後数日〜3週間以内に起こります)

モーニングアフターピルによりホルモンのアップダウンがあるので、副作用を感じる人も多いですが、個人差があるということを忘れないで下さい。また、緊急避妊ピルを服用したからといって将来、子供ができにくくなるといった心配はありません。薬は嫌だ・・・将来子供が生めなくなるかも・・・と不安がらずにまずは正しいピルの知識を理解し、妊娠を望まないならモーニングアフターピルを産婦人科で処方してもらいましょう。また、副作用について気になることは放置しておかずに、病院で質問したり電話して確認して下さい。ちょっとした行動が安心へと繋がります。

モーニングアフターピル、処方は病院で

インターネットの普及でモーニングアフターピルがネット通販で販売されています。でも、最初に緊急避妊ピルを入手する場合は、産婦人科へ足を運んで処方してもらうようにしましょう。避妊に失敗すると不安で一杯、しかも初めてピルを使用するとなるとさらに不安は激増します。安心して安全にモーニングアフターピルを服用するためにも、処方は産婦人科でしてもらいましょう。ネット通販での入手はお薦めできません。

モーニングアフターピルの値段

気になるモーニングアフターピルのお値段ですが、保険がきかないため4,000円〜10,000円ほどかかります。値段にばらつきがあるのは、処方してもらう中用量ピルの種類の違いです。それぞれホルモン量や副作用など特徴があるので、きちんと医師から説明を受けるようにしましょう。

モーニングアフターピルの出血

緊急避妊ピルを処方してもらう際に、病院から説明を受けますが、副作用として服用後に出血があります。服用後数日〜3週間以内に起こる出血を「消退出血」といい、この出血は緊急避妊の成功を意味します。しかし、必ずしも出血を全く確認できない=避妊に失敗というわけではないので、個人差が生じます。